ホームお知らせ園芸事業集荷目標必達大会

お知らせ

園芸事業集荷目標必達大会

2015.05.13

園芸事業集荷目標必達大会

 当JAは5月11日、JA園芸担当役職員約60人を集め「園芸事業集荷目標必達大会」を開催しました。
 信用。共済事業では毎年目標必達大会を開催していますが、園芸部門では初めての取り組み。米価の大幅下落に対処し、組合員の手取りを確保するため、役職員一丸となって園芸部門の強化・拡大を推し進めることを目的としています。
 大会に先立ち園芸担当者全大会を開始し、平成26年度の事業実績をふまえた分析結果や、重点実施項目やJA独自の支援策を元にした平成27年度事業計画の徹底を図りました。
 鈴木文衛代表理事理事長は、「組合員の所得を守るには、これまで以上に園芸部門が重要になってくる。JAに出荷して良かったと言われるようにするためには、有利販売を積極的に進め、組合員の要望に細かく対応することを心掛けてほしい。これまで出荷してくれていなかった方々へも今一度声がけを行い、JA出荷の良さやメリットをしっかりと伝えていこう」と話しました。
 職員からは「JA事業の根幹は営農。組合員から信頼を得るには農業振興に真正面から取り組んでいるJAの姿を、肌で感じとってもらうことに尽きると思う。事業の最前線に立つものとしての自覚を持って業務に取り組んでいきたい」という決意表明が行われました。

← お知らせ一覧へ