ホームお知らせ「担い手を明確にした支援」審査会 

お知らせ

「担い手を明確にした支援」審査会 

2016.01.7

「担い手を明確にした支援」審査会 

担い手支援26件を認定

当JAは12月24日、本店で、「担い手を明確にした支援」審査会を開き、新規親元就農者(世帯)農地賃借料支援6人を認定したほか、合計26件を決定しました。農業者の高齢化と減少による耕作放棄地の増加などの課題解決を図るため、JAでは「おきたま農業振興計画」に基づき、地域農業を支える担い手の育成と確保が不可欠と判断し、農業労災加入、水稲用コンバインやフレコン機器導入などの支援を行い、今後も担い手の規模拡大を後押ししていきます。

← お知らせ一覧へ